読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hellkite 日記と雑記とメモ。

Shiki Kazamaの駄文と音楽と、時々技術な感じ

iPad Proは、クリエイトデバイスとして昇華


スポンサーリンク


発表されたiPad Proは、思いっきりクリエイト方面に舵を切ってきたなという印象。


Introducing iPad Pro - YouTube

iPad Pro - Apple(日本)

画面は15インチのRetinaMacBook Proを超えるピクセルだし。メモリも4GBほど積んでいるようで編集作業も辛くないかも。
iPhone登場時、ジョブズが否定したスライタスも出ています。どの程度の使い心地なのかはわかりませんが、お絵かき方面には強力なアピールではないでしょうか。

ただし、重量を見るとこれまでのiPadと同じように使うのは難しい。713gは片手で長時間保持するのは辛そう。自分のようにiPadの使用用途に電子書籍も入っていると厳しい。結構iPadで移動中にシンセサイザーのマニュアル読んだり、書籍を読んだりするのに使っている。これでは代わりにはならない。メディアを消費するためのデバイスではないのだろう。
少し気になっていることがある。今回、iPad Airの後継は発表されなかったが、デバイス間の差別化のため、ラインナップから消えてしまうのだろうか。それは、避けてほしいものだ。

価格は、約11万4000円(949ドル)で決して安くない。iPad Proをフルに使おうと思うとスライタスとキーボードも欲しくなるだろうから、全部合計すると約149000円(1237ドル)。ちょっと手が出ない金額だ。

32GB版があるから、もう少し安くなる?
こんな高機能なiPad Pro、容量を気にしながら使うなんてもったいないと思わないか?