読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hellkite 日記と雑記とメモ。

Shiki Kazamaの駄文と音楽と、時々技術な感じ

来年の手帳は、月間ガントチャートのページがあるものにしよう


スポンサーリンク


今年から使っている陰山手帳。悪くはないけど、後半のページが微妙と判断したので他のものに変えようかどうしようか検討中。1行日記はモレスキンポケットに書く習慣があったからいらない。来年は後半のページにキャッシュフロー管理表がつくけど、これも邪魔*1

便利だったところは、週間ページの右下の11×11の枠。Todoを重要度×緊急度に分けるマトリックスにぴったり。これは来年も使っていきたい。
f:id:deis:20161129185824j:plain

もう一つは、月間ガントチャート。これは手放すことができなくなりそう。
自分の場合は、会社のプロジェクトがいくつか+個人のプロジェクト*2がいくつかといった感じで、数週間にわたる作業をいくつか持っている。それらをまとめて俯瞰できるのは作業計画するのに非常に便利だった。
f:id:deis:20161129185825j:plain

さて、来年の手帳をどうしようか悩んでいる。
陰山手帳でもいいが、やっぱり無駄になるページが多いのが気になる。もう一つの候補は、2年前に使っていた、アバクリ手帳。ノートのページが個性的で結構楽しく使えたので戻るのもいい。が、月間ガントチャートがない。
同じ出版社の Discover Business Professionals' Diary 2017にはガントチャートがあるので、これにしてみるのが現実的か。

気になるのは、ほぼ日手帳。有名。
1日1ページなので、ちょっと使い勝手が違うが一度は使ってみたいと思っている。しかし、ガントチャートはない。ある程度俯瞰して作業を管理するためには週間ページがついているバージョンを選ぶことが必須。カズンにはついている。が、問題は値段。ちょっと手が出ない・・・。


本屋に立ち寄って気になったのは、未来を開く手帳。


本田健 未来を開く手帳2017
本田 健
永岡書店
売り上げランキング: 2,780

少し小ぶりながら、プロジェクト計画のページがある。週間ページにメモ欄がないのが痛いが、今年はうまく使えていなかったので、いらないかも。Todoのマトリックスは土曜日と日曜日の下の方に書けば問題ないか?


迷うが、もう12月。そろそろ決めないと。

*1:Numbersで管理しているし...

*2:というほどのものでもないが・・・