読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hellkite 日記と雑記とメモ。

Shiki Kazamaの駄文と音楽と、時々技術な感じ

手帳買ったばかりだけど、ほぼ日手帳が気になる。手帳にゆとりを。


スポンサーリンク


ちょっと手に取ったプレジデントの特集にやられた・・・。

特集にほぼ日のことが書かれていて、1日1ページの形式がどんな感じか紹介されている。日記にもできるしスケジュールも書けるという点が気になった。

システム手帳を使っていたときは、1日1シートのリフィルを使っていた。当時の手帳を見返してみると、確かに半分日記のような感覚で使っていて、読み返してみると面白い。その後、週単位の手帳に変わってからはスケジュールに手帳、日々の記録や思った事はモレスキンに書いていた。が、やはり2冊別々になっているというのが段々手間になってきてしまって、モレスキンの方はほとんど書かなくなってしまった。以前は、ユビキタスキャプチャーと称して、2か月に1冊のペースで消費していたけど。。

もっとも、1日1ページだと厚さが増えてしまう。この辺りはどう考えるか。
ほとんど通勤用の鞄*1に放り込みっぱなしなので、大きさはあまり問題にならないかもしれない。それより、日記とスケジュールが合わさった点が新しい視点を与えてくれるかもしれない。

先日購入した陰山手帳は月間カレンダーもあるが基本的には見開き1週間。今年の手帳も同じレイアウトだったけど、タスクリストと毎週の振返りをビッシリ書いていたから、内容にゆとりのない感じになってしまった。来年は、少し日記的な内容も書きながら使ってみよう。

*1:資料がたっぷり入る大きめの鞄を使っている