読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hellkite 日記と雑記とメモ。

Shiki Kazamaの駄文と音楽と、時々技術な感じ

Focusrite Scarlett 18i20を購入しました

DTM

スポンサーリンク


以前から使っていたAudio I/F、M-AUDIO Firewire1418。色々と煩わしい点が増えてきたので手放すことにしました。最新のMac OSでは専用ドライバーが提供されず、段々不安定にもなってきたので、お手上げ。


で、新しいAudio I/Fを探していたのですが、デジマートを見ていたら特化品というふれこみでFocusrite Scarlett 18i14が出品されているのを見かけ...
数日後、家に届きましたw


ポチッとするだけで楽器が買えるのホント怖い*1


で、届いたFocusrite Scarlett 18i20。



この赤のボディかっこ良すぎるよ。ラックマウントしちゃうとほとんど見えなくなっちゃうのに。綺麗にヘアライン加工してあって好印象。つまみの感触も嫌いじゃない。一部のレビューにオモチャみたいって書いてあったけど、気にならない。


セットアップは特に問題なく認識し、音源接続し、音を出して、DAWで録音。


この一連の基本動作がこれまで購入してきたI/Fだとできなかったw
Firewire1418は、Firewireの仕様なのかFirewire1814の仕様なのか分かりませんが、ホットプラグができなくて毎回Macの電源を落とす必要がありました。しかも、数回に1回は認識がうまくいかず、再起動を何度も繰り返す...
まぁ、このときFirewire接続のモデルを購入したのには、その前に買ったUA-700っていうUSB仕様のAudio I/Fに色々やられたからでした。


それが、こいつなら使いたくなったときにUSBを接続してスイッチ入れるだけ。当たり前かもしれないけど、こういう手間なく接続できるというのは音楽やる敷居が下がってありがたい。
USB接続しなくても、スタンドアローンでデジタルミキサーになるところもよし。


不満点は今のところ同梱されていた電源ケーブルが短いことくらいですかね。1mくらいあるので普通は問題ないと思いますが、部屋の引き回しの関係で。
ちょうどいい機会だからハードウェア音源の配線見直そうかなぁ。


M3終わったら^^;

*1:TR-8も欲しい!ポチる!って感じでした...(汗