読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hellkite 日記と雑記とメモ。

Shiki Kazamaの駄文と音楽と、時々技術な感じ

Xewton Music Studioで出力したMIDIファイルをFantomGで読み込んでみた


スポンサーリンク


通常のMIDIファイル読み込みと変わらないはずですが、そもそもFantomに限らずMIDIファイルのインポートって一切やったことがありませんでした。面倒なのかな?と思ったら意外と調整する部分は少なかった印象。
忘れそうな点もあるので、作業記録を残しておきます。


とりあえず、Xewton Music Studioで出力したMIDIファイルをPCに用意します。これは前回書いた通り。
Xewton Music StudioのMIDIファイルエクスポート - hellkite 日記と雑記とメモ。


PCとFantomのファイルのやり取りですが、USBメモリ経由かFantomのストレージモードを使ってやりましょう。
プロジェクト内のSEQ/SMFフォルダ内にMIDIファイルを入れればOKです。


SongのSMF LISTを選ぶとちゃんとファイルが表示されています。


読み込み方法は、PhraseとSongの2種類。
Songで読み込むとちゃんとMIDIチャンネル毎にトラック(とPhrase)をばらしてくれます。そんな器用なことしてくれないと思っていたので、嬉しい。


Phraseで読み込むと全てのMIDIチャンネルが1つのPhraseにインポートされます。


さっそく、Studioモードで適当に音色を当てて再生してみたところ・・・勝手にインスト変わりましたw
Music Studioで出力したMIDIファイルには、プログラムチェンジとボリューム、パン、アタックなどのコントロールチェンジがちゃんと含まれていました。再生後にFantomのStudio設定を上書きしていたようで。


とりあえず、Fantomの設定を使いたいので、これらのPC、CCは削除。
さらにMusic Studioで音色をドラムにしていた場合、自動でch.10に設定されていました。結構気が効いていると思ってたけど、どんなMIDIシーケンサーでもそうなのかな。まぁ、手間が減るのは歓迎ですw


というわけで意外とスムーズにインポートできました。あとは、必要に応じてPhraseをぶった斬ったりして、普通に曲作っていけばいいですね。
一回インポートしたら後はFantom側だけで・・・と思っていたけど、手間かからないならMusic Studioで新しいフレーズ作って、またインポートしてもいいかも。