読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hellkite 日記と雑記とメモ。

Shiki Kazamaの駄文と音楽と、時々技術な感じ

iPhone3GSの電源が突然入らなくなった


スポンサーリンク


自宅でiPhone3GSをスリープから復帰させようとしたら、全く無反応。
たしか、さっき使っていたときは残量18%で警告が出てたから、バッテリが落ちたのかと思って充電器に差した。


けど、全く反応なし。


ここから大慌てw
Macに接続してみたり(iTunesも立ち上がってこなくて無反応)、充電器に接続してスリープボタンを長押ししてみたり(無反応)。


これは、明日会社を休んでSBに駆け込まないとダメか?と思ったけど、壊れたと思ったらリセット操作で復帰するのがiPodファミリー。
なんとか回復しないかと思ってネットで検索して、次の方法を試してみました。

充電器を接続した状態で、スリープボタンとホームボタンを長押しでリセット、放置する。


で、やってみたら、復活!りんごマークがちゃんと表示されました!


調べてみたところ、バッテリが突然死したそうです。
でも、急に反応しなくなるとビックリするけど・・・。


リチウムポリマーの放電特性はあまり詳しくないけど、比較的フラットでリニアな放電ラインが劣化によってリチウムイオン電池みたいに急に下がったりするのかなぁ。それでリチウムポリマーの特性に最適化した電源制御が誤作動するんじゃないだろか。
と妄想してみたり。全然外れかもしれないけどw
でも、劣化すると頻発するようになるんでしょうねぇ。そろそろ充電系のユーティリティアプリ入れた方がいいのかな・・・。あるのか知らないけれど*1


ちなみにiPhone突然死でググるとかなりの情報が引っかかるので比較的一般的に起こるみたいですね。iPhone4になって改善されたのかな?
この間のiPodみたいに急にテストモードに入ったりしたら面白い(?)んだけどなぁ。
iPodの電源入れたらテストモード?に入った。 - hellkite 日記と雑記とメモ。

*1:iPad用のは入れてあるけど・・・